元祖 蕎麦打ち 迷人会 の新着情報

元祖 蕎麦打ち 迷人会

活動紹介

 “家を追い出された男達の救済”
 韓流ドラマでチャンネル権を奪われ、託児所ならぬ“託爺所”で時間を潰す親爺たちのために立ち上がる。
 喜多身TIPNESSには夕方からは追い出された爺父たちがサウナで我慢比べ。そんな時、蕎麦打ちでもやってみるか・・・で始まる。

『蕎麦打ちは男のロマン、飽くなき探求心と迷いこそ青春の証。』と謳い“元祖 蕎麦打ち迷人会”と名乗り平成15年3月16日に発会する。

 【迷人会の掟】
 60歳過ぎたらお偉いさんはイラナイ
 会員は皆世話役 どれだけ他人の世話をやけるか
 勘定割り勘、明朗会計
 彼女が出来たらみんなの彼女

ビデオテープで研究すること数年、今やいっぱしの蕎麦打ち職人となる
現在岩戸地域センターにて蕎麦打ち教室を定例に行っております。
月2回 第2、第4日曜日 pm2:00―4:00
 700g(二八蕎麦)を指導、持ち帰りいただく。蕎麦汁付き
 試食として指導員の打ったそばを食す。
 費用 ¥2000

又指導員養成を同日 pm5:00―8:00 宴会

上和泉地域センター、府中市西府文化センター、等依頼があればどこでも指導に出かけます。又老人ホームでのデモストレーション(デモ打ち)も好評です。

蕎麦だけに飽き足らず、現在は握り寿司、天ぷら、と探求心は青春の心意気、ご依頼があればどこでも出かけますのでご一報ください。

◎お問合せ
元祖蕎麦打ち迷人会 代表世話役 神原章造
080-1282-8166 sn.kambara@jcom.home.ne.jp

ラベル