ハルモニア・フォンテ

活動時間 大きなコンサートは年1回程度。コンサートの半年位前から月1回定例会(主に午前)。

問合せ先

  • 代表者:中溝 俊哉
  • 連絡者:日裏 晶子
  • メールアドレス:akikopf@ybb.ne.jp

会員数など

  • 会員数:5名。
  • 年会費:なし その他、コンサート前に準備金有り

 

最終更新日:2019年7月4日

PR

「大人の助けがなければ 子供たちは音楽を続けることができません」
2018年年末 エル・システマジャパン主催のコンサート会場で聞いたベネズエラの若き指揮者エンルイス・モンテス・オリバー氏の言葉です。
オリバー氏は、8歳の時からベネズエラの「エル・システマ」で音楽教育を受けてきました。

「エル・システマ」とは南米ベネズエラでホセ・アントニオ・アブレウ博士によって始められた仕組みで、誰でも無料で学べる音楽教育です。
貧困社会では、ややもすれば子どもたちが 犯罪や暴力に巻き込まれてしまう傾向にあります。
手に楽器を持たせ、子供たちに希望や誇りを持ってもらうことを目的として作られた「エル・システマ」は ユネスコ等の外部機関からも評価されています。
少し弾けるようになった子ができない子を教え、合奏の中で自分が、自分の音が必要とされていることを感じます。音楽が子供たちを変えていくのです。

この活動は世界的に活躍する若手指揮者グスターボ・ドゥダメル(ロサンゼルスフィル音楽監督)など多くの一流音楽家を輩出してきました。

日本では東日本大震災をきっかけに「エル・システマジャパン」が創立されました。
地震や津波によって肉親を、友人を、希望を奪われてしまった子供たち。
たくさんの大切なものを失っても、子供たちには自信と誇りを取り戻してほしい。
そんな願いをこめて、日本で創立された音楽教育がエル・システマジャパンです。

ハルモニア・フォンテは「エル・システマジャパン」に募金をし続けています。相馬の小学校の体育館で演奏し、直接子供たちと触れ合う機会にも恵まれました。

楽器を維持するために、音楽教育を受け続けるために、子どもたちが芸術活動を続けて行くために、大人の「長期にわたる継続的な支援」が必要になります。

どうぞハルモニア・フォンテの演奏会に足をお運びください。
ハルモニア・フォンテの音楽を楽しんでいただくことが、東北の子供たちを支援することにつながるからです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
エル・システマ出身の世界的な指揮者グスターボ・ドゥダメル氏の「マンボ」(バーンスタイン作曲)をお聞きください。
演奏しているのはシモン・ボリバル・ユースオーケストラです(エル・システマで音楽教育を受けた若い人たちで構成されている)

指揮のドゥダメル氏も5歳ごろからベネズエラのエルシステマで音楽教育を受けてきました。2004年にグスタフ・マーラー国際指揮者コンクールに優勝、2009年にはタイム誌のThe
2009 TIME 100に選出されました。

演奏家も聴衆も、会場でその時を共有するすべての人たちがひとつとなっています。音楽が持つ力のすごさを共感していただけます。
https://youtu.be/NEs8yqhavtI

日米エル・システマ共同企画「ドゥメダルと子供たち」
https://youtu.be/6Piwq95cKAk
ロサンゼルスの子供たちと相馬の子供たちが音楽を通して触れ合います。
ドゥダメル氏に導かれ、国籍を超えた子供たちが音楽を作っていきます。

「美しい芸術に触れ みんなで感動する それが大事なのです」
グスダーボ・ドゥダメル(ロサンゼルスフィル 音楽監督)

概要

  • チャリティーコンサートを以下開催し、経費を除いた収益金を一般社団法人エル・システマ ジャパンに寄付してきました。
  • 2017年11月、福島県相馬市の2つの小学校で音楽鑑賞教室のコンサートを行いました。

    これまでに開催してきたチャリティーコンサート
    2015年、泉の森会館にて
    2016年、泉の森会館にて
    2017年、狛江エプタザールにて
    2018年、狛江エプタザールにて
    2019年、仙川フィックスホールにて

    <寄付先:一般社団法人エル・システマジャパン>
    東日本大震災と原発事故後の深刻な状況下にある子どもたちが、音楽を通してたくましく成長し、その成長を中心に地域が活性化することを目指している。
    福島県の相馬市と岩手県の大槌町などで、主に子どもオーケストラの活動を行う。
団体最新情報
  • %E6%8C%AF%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%82%93%E3%81%A0.png

    193,592円になりました

    仙川フィックスホールにお越しくださったみなさま、ご寄付をよせてくださったみなさま、ありがとうございました。
    「とどけよう!音楽の花束 2019〜狛江の音楽家と仲間たちによる、東日本大震災被災者支援チャリティーコンサート」の精算を無事終了させることができましたのでご報告いたします。

    チケット代金、寄附金合計から必要経費などを差し引いた 193,592円を本日 一般社団法人エル・システマジャパンに寄付送付することができました。
    主旨にご賛同くださりホールまでお運びいただいた皆さま、コンサートを支えてくださったゲストの方々、スタッフを担当してくださったみなさま、ご協力くださったみなさまには心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

    被災した地域の子供たちには、音楽を通して自信を持ってほしい。音楽を通して成功する充実感、満足感を得、それを糧に人生を歩んで行ってほしい。
    それがハルモニア・フォンテ メンバー全員の願いです。

    これからもハルモニア・フォンテの活動にご賛同、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

    ハルモニア・フォンテ一同

    ラベル