狛江の高齢者のくらしをよくする会 の新着情報

  • 20180702%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A.JPG

    狛江の高齢者のくらしをよくする会

    学習懇談会(7/2)

    医療・介護で困った時、もしもの時、どこに行ったらいいのか?

    地域で自分らしく、安心して暮らすためには、身近な相談場所や相談できる人が必要ですね。
    狛江市が取り組んでいる福祉計画の話を前段に、続いて今耳新しい「コミュニティソーシャルワーカー」は何をしてくれるのか、担当者にお話を聞きます。今ある制度の中では、解決しにくいことを一緒に考えてつながりを作ってくれる、頼りになる人みたいです。
    聞きたいことを持ち込んで自由に意見交換をしましょう。ご参加をお待ちしています。
    [高齢者のよろず相談所(地域包括支援センター)]


    ◎日時:平成30年7月2日(月)14:15~15:45
    ◎場所:あいとぴあセンター 2階研修室
    ◎主題:困った時、もしもの時、どこに行ったらいいの?」
       ~~「地域包括支援センター」こそ、まさかのときの救いの神~~
    ◎助言者&テーマ:
    ①「市の施策の現状と今後」
    狛江市福祉保健部高齢障害化 高齢者支援係長 森 旦憲 氏
    ②「コミュニティソーシャルワーカーの役割」
    狛江市社会福祉協議会 コミュニティソーシャルワーカー 岸 真 氏

    ◎定員:40名(先着順)
    ◎参加費:非会員のみ300円
    ◎主催:「狛江の高齢者の暮らしをよくする会」(副会長 富樫洋子)

    ラベル
  • 狛江の高齢者のくらしをよくする会

    在宅医療講演会「在宅医療の今 ~訪問診療の実態~」(6月5日)

    ◎日時:平成29年6月5日(月)午後3時~4時30分
    ◎場所:西河原公民館・2階学習室Ⅰ・・・・今回は西河原
    ◎演題:在宅医療の今~訪問医療の実態は!?
    ◎講師:吉川哲矢氏
    (「すまる在宅クリニック」院長、東和泉1-11-6 メゾン・ドゥ倉橋 101)
    ◎主催:狛江の高齢者のくらしをよくする会
    ◎共催:NPO法人「狛江共生の家」(多麻)
    ◎申込み:狛江共生の家(多麻)
    電話:03・3430・5020<午後1時~6時>
    5月22日~6月1日(水)まで
    ※非会員:定員10名程度、参加費無料、要約筆記(予定)がつきます。
    (会員は総会ご案内の際<5月15日過ぎ>に出欠を伺います。

    (注)「すまる在宅クリニック」とは(インターネットから)
    ①クリニック設立の経緯
    2015年春に開設した東京都狛江市の在宅療養支援診療所です。
    慈恵医大第三病院 総合診療部で勤務していた医師が中心となり、狛江市全域と周辺地域の方々を対象に、日常の健康管理から在宅緩和ケアまで、患者さんやご家族の生活に寄りそう、総合的で心のかよった在宅医療を提供いたします。

    ①「すまる」というクリニック名の由来
    いくつもの星々が集まって輝く「すばる(昴)」を意味する古い日本語から。
    ②診療所の理念
    1)クオリティ(診療の質をみがく)
    2)コミュニケーション(患者さんやご家族・ケアに携わる方々の思いをくみとる)
    3)コラボレーション(医療・介護・行政との協働を大切にする)

    ラベル