こまえ市民大学

活動時間 主に土曜日午後2時~4時

PR

様々なジャンルで活躍している講師をお招きして年間24回~25回開催。講座を通して教養を広める学びの場です。

概要

  • 設立年月:2003年10月。
  • 活動目的:誰でも参加できる社会教養を広める学びの場。
  • 活動内容:

    講座には
     ・単発講座・連続講座・連携講座(慈恵医大・電力中央研究所)
     ・春秋のバスで行く課外講座・夏冬の芸能・平日講座・狛江事業所
    などがあります。

  • 活動場所:
     主に中央公民館。
     
  • その他:
     こまえ市民大学は入会等の手続きはありません。
     どなたでも聞きたい講座に自由にご参加いただけます。
     講座は「広報こまえ」1日・15日に掲載されます。

問合せ先

  • 代表者:こまえ市民大学運営委員会  高橋公子
  • 携帯電話:090-3141-6524

 

最終更新日:2019年4月17日

団体最新情報
  • 20191109%E9%9A%9C%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E6%81%AF%E5%AD%90%E3%81%B8.JPG

    障がいを持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい~(11月9日)

    相模原事件被告と面会
    犯人は「自分は存在価値のない人間だが、(事件を起こして)少し役に立つ人間になった」と言う。
    自閉症の息子を持つ神戸さんは犯人の刃は私たちの家族にも向けられていると思った。
    ―父としての叫び―思いを込めた「詩」の全文を紹介します。

    ◎講師:神戸 金史(かんべ かねぶみ)さん
    RKB毎日放送 製作局次長兼東京報道局長

    18年度日本医学ジャーナリスト大賞「障害を持つ息子へ。そのままで、いい」
    放送文化基金賞ラジオ部門最優秀賞「スクラッチ 差別と平成」

    ◎日時:令和元年11月9日(土) 午後2時~4時
    ◎会場:狛江市中央公民館2F講座室
    ◎申込:令和元年10月2日(水)より  定員50名  受講料200円
    ◎申込・問合せ:中央公民館 03-3488-4411 
    ◎主催:狛江市公民館 企画実施:こまえ市民大学

    ラベル