団体最新情報 (イベント)

  • %E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%88%E5%B8%82%E6%B0%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%8820170128.JPG

    こまえ市民大学

    狛江の変遷と小田急線

    ―狛江にとって小田急線とは―

    昭和2年に開通した小田急線は、狛江を住宅都市へと導く原動力になりました。一方で、狛江の都市化が進むと、小田急線をめぐる問題も生じました。”狛江にとって小田急線とは”。狛江の歩みをたどりながら考察します。

    ◎講師:松下 祐三氏
     狛江市教育委員会
     教育部 社会教育課 文化財担当
     略歴)
      大学・大学院では日本近代史を専攻。都内の博物館の調査員等を経て平成23年度に狛江市役所に入庁。
    文化財の調査やこまえ文化財ブックレット「狛江の発展と鉄道」の編集等を担当。

    ◎開催日:平成29年1月28日(土) 14:00~16:00
    ◎会場:狛江市中央公民館2階 講座室
    ◎定員:50人
    ◎受講料:無料
    ◎申し込み開始:平成29年1月6日(金)午前9時~
    ◎申し込み・問い合わせ:狛江市中央公民館 03-3488-4411
    ◎主催:狛江市公民館
    ◎企画・実施:こまえ市民大学運営委員会

    こまえ市民大学は、狛江市公民館が主催し、こまえ市民大学委員会が企画する、狛江市民はもとより市外の方でも、どなたでもご参加いただける、様々な座学を中心とした講座を展開しています。

    ラベル
  • %E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%88%E5%B8%82%E6%B0%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%8820170114.JPG

    こまえ市民大学

    新春 江戸文化講座 落語と新内

    落語 紫壇桜古木
    新内 スライドライブ
    俗曲 端唄・都々逸
    落語 五人廻し

    ◎落語 鹿鳴家 河童(かなりや かっぱ)
     アマチュア落語家として歩き始めて早や半世紀。一昨年は「落語国際大会in千葉」で準優勝を果たしました。

    ◎新内 三浦屋 千代里(みうらや ちよざと)
     -新内・都々逸・端唄-
     はじめの一歩三味線教室「千代の会」代表
     新内(家元) 端唄 柏葉流
     祖師ヶ谷大蔵教室・藤沢教室で指導

    ◎日時:1月14日(土)午後2時~4時
    ◎会場:狛江市中央公民館2F講座室(狛江市役所敷地内市民センター)
    ◎定員:50名
    ◎受講料:200円
    ◎申込開始:平成28年12月16日(金)午前9時より
    ◎申し込み:中央公民館 03-3488-4411

    ◎主催:狛江市公民館
    ◎企画・実施:こまえ市民大学運営委員会

    ラベル
  • HarmoniaFonte2017.JPG

    ハルモニア・フォンテ(フォンテ)

    とどけよう 音楽の花束2017

    狛江の音楽家と仲間たちによる、東日本大震災被災者支援チャリティーコンサート

    ■日時
    2017年2月19日(日) 13:30開演 13:00開場

    ■場所
    狛江エプタ・ザール(EPTA SAAL)
    狛江市和泉本町1-7-16ハウスエプタ地下1階
    小田急線:狛江駅北口より徒歩7分
    ホールTEL:03-3488-5311
    ホールインフォメーション:http://www.piano.or.jp/info/docs/epta-saal.pdf

    ■料金・前売り
    2,500円(当日:3,000円)
    前売り学生(高校生以下)料金:2,000円
    (就学前のお子さんはご遠慮ください。)
    コンサートの収益は今回もエル・システマ ジャパンに寄附する予定です。

    ■チケットのお申込み・お問い合わせ
    電話/FAX:03-3480-3536(福島)
    Eメール:akikopf@ybb.ne.jp(日裏)

    ■主催・演奏
    ハルモニア・フォンテ

    ■後援
    狛江市
    狛江市教育委員会

    ■ハルモニア・フォンテについて
    狛江の音楽家達を中心にチャリティー・コンサートを行うために結成。その活動の前身は、2011~13年<泉の森会館 友の会>主催で行われたチャリティー・コンサート。「ハルモニア・フォンテ」の「フォンテ」はポルトガル語で「泉」。《技芸の神》として知られる弁財天を祀った弁天池(狛江駅前の雑木林内)に由来し、その意味は《調和の泉》。2015年と2016年には、東日本大震災の被災者の子供たちの継続的な音楽教育を支援するために、コンサートの収益を一般社団法人エル・システマ ジャパンに寄附。協力者随時募集中。

    ラベル
  • 狛江市民たすけあいネット わっかの会

    介護保険はどう変わるの? 地域包括ケアシステムって何?

    市の職員を講師に学習会を開催します。
    介護保険制度の改正により狛江市でも来春4月から始まる新しい総合事業について、ご一緒に学びませんか。

    開催日時)
     11月30日(水)10:00~12:00
    場所)
     あいとぴあセンター3階ボランティア活動室
    参加費)
     無料

    ラベル